面観察評価システム<多面評価>Moas

多面観察評価システム(多面評価・Moas)の実施にあたって

少子高齢化が叫ばれる昨今、2007年を境に労働人口か減少し、中でも中小企業にとっては労働者の確保もままならない状況が差し迫っていると思われます。
その中にあって企業を成長させ発展させるためには、人材の確保も重要なファクターではありますが、現従業員の能力を見極め、効率よく経営に再投資していくかは、経営者の最重要課題ではないでしょうか。
 
多面観察評価システム(多面評価)は、上司(上位者)・同僚(同位者)・部下(下位者)数名が被観察者(対象者)の普段の行動を観察し、評価することにより、より客観的で精度の高い評価を得られ、被観察者(対象者)にとっても能力の位置づけや能力の棚卸しができるものと考えております。
 
また、多面観察評価システム利用の次期ステップとして、その企業独自の人事考課や評価システムとは異なり、他の企業と比較することにより自社だけでは捉えきれなかった能力が把握できるため、より効率的な配置転換(人事異動)や人材開発が可能となり、中小企業にとって重要な課題の1つであります後継者の発掘や育成だけでなく、社員の昇進・昇格・抜擢人事、賃金への配分に活用いただけるものと考えております。

多面観察評価システム(多面評価・Moas)とは?

多面観察評価システム(多面評価)とは、上司(上位者)・同僚(同位者)・部下(下位者)数名が被観察者(対象者)の普段の行動を観察し、評価することにより、より客観的で精度の高い評価を得られ、被観察者(対象者)にとっても能力の位置づけや能力の棚卸しができるシステムです。
 
また、研修やカウンセリングなどを組み合わせることにより、管理者の意識改革や動機付けにも有効なシステムです。

Moas 7つの特徴

  • 人事考課では把握できなかった納得性・客観性の高い個人の能力レベルが得られ、また今まで大企業だけでしか把握し得なかった個人の能力レベルが自社も含めて、他社との比較(企業横断)によりどのレベルにあるのか、把握することが出来ます。
  • 同項目(ディメンジョン)で自己評価、上位者評価、同位者評価、下位者評価、全体評価の5つの視点から評価レベルを把握することが出来ます。
  • レポートでは、各観察者の評点と偏差値が表示され、統計学上の位置づけが一目でわかるようにしてあり、また個人の強み・弱み、留意点がコメントで示されています。
  • 項目(ディメンジョン)を細分化して評価精度を落とすよりも、管理者に必要最低限の項目(ディメンジョン)に集約して評価精度を高めることを重要視しました。また、評価精度を高めることにより研修や能力開発にとどまらず、昇進・昇格・抜擢人事、賃金への配分に期待がよせられるものとなっています。
  • 多面観察評価システム(多面評価)を基に研修やカウンセラーとの個人面談を組み合わせることにより、個人の能力開発により一層の効果をもたらします。
  • 教育・研修会社が実施するヒューマンアセスメントとは異なり、低コスト・高スピード・高精度で個人の能力を判定することができます。今回、Web上から評価できるようになり、さらにスピードアップを実現しました。
  • 多面観察評価システム(多面評価)を一定期間ごとに反復実施されますと、時系列的に個人能力を把握することができ、能力開発の効果も測定することができます。

Moas 申込手順

  • 多面観察評価システム(多面評価)をお申し込みいただきますと、申込ツール(Excel VBA/自己解凍EXE)を送付いたしますので(またはダウンロード)被観察者と観察者( 2.で選定された観察者)を入力の上、当社までメールにて送付願います。その後、指定された時間に観察者宛に評価依頼メールが届きます。

 

≪申込みツールの設定によりPC・携帯どちらからでも評価が行えます。なお、インターネットの接続に際しての接続料・通信料(パケット料)等は、御社にてご負担下さい≫

 

≪個人所有の携帯電話等でメールアドレスが分からない場合、携帯電話のQRコード認証からでもご利用になれます。≫

 

  • 観察者は、依頼メールの指示によりWeb上から評価をしていただきます。

 

≪観察者選定においては被観察者(本人)と仕事上何らかの関連のある人を選んでください。≫

 

  • 観察者は、32項目の質問に対して「傾向が見られる」「傾向が見られない」の5段階レベルで評価します。
     

    ≪主観的に強弱できない質問形式ですので、恣意的な評価が排除されるように設定してあります。(なお、33項目目は、「適している」・「適していない」の5段階レベルで評価します。)≫

 

  • 評価された結果は、当社にて計算を行います。
     

    ≪各項目(ディメンジョン)ごとの評価集計方法は、33項目の中から必要な項目をピックアップ・集約し、得点化したものを当社データーベースとの比較により決定します。≫

 

  • 評価結果は、個人別診断書と全体報告(結果一覧表)を会社(人事担当者)へ郵送します。

申し込みツール(DL)
 
※1 申込ツールは、自動解凍ですのでapple.exeをダブルクリックして解凍してください。
※2 解凍後、申込ツールは Excel VBAで作成しておりますので手順に従って入力してください。
※3 申込される場合は、プログラム記載のメール宛に当ファイルを添付上、送付してください。

Moas診断書(プロフィール)

プロフィール見本

多面観察評価(多面評価)研修

研修カリキュラム

Moasご利用料金(Web評価版)

被観察者(対象者)1人につき
定価 5,000円
(税込:5,250円)

被観察者(対象者) : 20名

観察者:200名の場合20名 × 5,000円 =100,000円

消費税(8%) = 8,000円

合計) 108,000円

 
※1ネットワーク接続料、パケット通信料等は御社にてご負担願います。

Moasご利用料金(スキャネットシート評価版)

基本料金 200,000円
被観察者(対象者)1人につき
定価 5,000円
(税込:5,250円)

被観察者(対象者) : 20名

観察者:200の場合基本料金 =200,000円

20名 × 5,000円 =100,000円

消費税(8%) =24,000円

合計) 324,000円

SAP-次期管理職候補育成選抜プログラム(参考)

研修カリキュラム